スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)

 大阪府でも、新規採用職員任命式が開かれた。今年度から式典の開会にあわせて国歌斉唱を導入したが、橋下徹知事は「声が小さい」と一喝。「皆さんは国家のもとで仕事をするのだから、思想信条の自由とかいっている場合ではない。国歌はきちんと歌うのが義務」と早速、橋下流の洗礼を浴びせた。男性職員は「学校などで国歌を学ばなかったので、歌えなかった。日本人なので歌えるようにしたい」。別の女性職員は「歌えるけど、恥ずかしくて声が小さかった」と話した。

 大阪市でも新規採用者の発令式が行われ、平松邦夫市長が新職員約120人にあいさつ。「職員の不祥事が続発しており、周囲から心配された人もいるかもしれないが、市民のために動ける大阪市を皆さんの力を借りながらつくっていきたい」と呼びかけた。さらに「府市再編とか言っている人がいるが、地域主権の主体である基礎自治体をリードしていくのは大阪市だ」と橋下知事を牽制(けんせい)した。

戸別補償、コメ以外にも拡充=11年度本格実施変わらず-鳩山首相(時事通信)
中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)
若林氏辞職「魔が差したとしかいいようがない」と陳謝会見 青木氏からの「依頼はない」(産経新聞)
秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
ソメイヨシノ 東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)

「コンビニ強盗やった」と供述=計4件か、包丁所持で逮捕の男-奈良県警(時事通信)

 車内で包丁を所持していたとして、銃刀法違反容疑で奈良県警天理署に逮捕された無職藤田元太容疑者(20)が、「京都、奈良、和歌山でコンビニ強盗もやった」と話していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。県警捜査1課などは、計4件のコンビニ強盗に同容疑者が関与したとみて、供述内容の裏付けを進める。
 藤田容疑者は25日午前2時50分ごろ、奈良県天理市の国道近くに止めた乗用車内で、刃渡り約19.5センチの洋包丁を所持していたとして、同署などに現行犯逮捕された。
 捜査関係者によると、被害に遭ったコンビニの防犯カメラに写った男の映像は、いずれも身長170~180センチで、黒いフード付きジャンパー姿だったといい、体格や服装が藤田容疑者に似ていた。また、同容疑者が乗っていた車の色やナンバーが犯人が逃走に使った車と同じだったという。
 県警などによると、この男は今月7日、奈良市三条本町のコンビニで、レジにいた男性店員(20)を脅し、現金約9万円とたばこ約25箱を奪って逃走。今月5~16日、京都府内や和歌山県内のコンビニでも、同様の手口で店員を脅し、現金約31万円とたばこを奪ったとされる。現金とたばこを一緒に奪う手口が同じことから、3府県警が合同で捜査している。 

「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか(産経新聞)
密約文書破棄で第三者委員会設置 岡田外相が表明(産経新聞)
戦時徴用者記録、韓国に提供=賃金未払い17万5千人、総額2億8千万円(時事通信)
役員から国会議員一掃=国保中央会(時事通信)
シエスパ爆発事故 大成社員ら2人を在宅起訴(産経新聞)

インフル定点、8週連続で減少(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、3月15-21日の週は0.41で、全国的な流行の指標となる「1.0」を3週連続で下回ったことが26日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。前週より0.1ポイント減り、8週連続の減少となった。


【都道府県別の表詳細の入った記事】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、32都道府県で前週よりも減少。1.0を上回ったのは富山(2.23)、佐賀(1.97)、岩手(1.88)など6県だった=表=。

 警報レベルを超えた保健所地域は5週連続でゼロ。一方、注意報レベルのみを超えた保健所地域は3週ぶりに1か所(富山)あった。


【関連記事】
インフルでの入院、9週連続で減少
B型インフル、検出続く―注意必要と感染研
インフル患者、7週連続で減少
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針

食料自給率、20年度に50%=食品安全庁設置へ-農業基本計画(時事通信)
「愛国心」子供条例案、可決 浜松市議会(産経新聞)
「失望している」 グーグル問題で米ホワイトハウス(産経新聞)
<抱っこひも>米製品で窒息の恐れで注意喚起 自主回収も(毎日新聞)
沖縄県民と米国の理解得る=普天間、5月決着強調-鳩山首相(時事通信)

邦夫氏、離党表明後初のお国入り(産経新聞)

 鳩山邦夫元総務相は19日、自民党離党表明後、初めて地元の福岡県に入った。夕方には同県久留米市内で後援会幹部を集めた緊急報告会を開き、離党や新党結成への決意を語った。

 約300人が集まる中、鳩山氏は「(夏の参院選で)民主党の過半数獲得をストップしなければならないが、今の自民党のパワーでは防ぎきれない。だから新しいグループが必要だ」と述べた。出席者からは「自民党を捨ててはダメだ」と離党に否定的な意見も出たが、鳩山氏は記者団に「理解していただいていると思う」と強調した。

<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)
「密約」、19日参考人質疑=元外務省幹部が証言(時事通信)
<北教組事件>小林陣営の会計責任者ら2人を起訴 札幌地検(毎日新聞)
拉致支援法改正案を可決=31日成立へ-参院委(時事通信)
<国民新党>非正規雇用減少へ優遇税制を 自見幹事長(毎日新聞)

日航1期機長、ラストフライト=邦人救出、地球環境変化の撮影も(時事通信)

 日本航空の自社養成パイロット1期生として、同社最多の海外65空港に離着陸した経験を持ち、テレビや新聞で航空機の運航などについて分かりやすく解説したことでも知られる機長の小林宏之さん(63)=愛知県出身=が22日午後、成田空港に到着した米ハワイ・ホノルル発の便でラストフライトを終えた。
 1968年の入社以来、飛行時間は1万8500時間を超えた。この間、自身の体調不良などでスケジュールを変更したことは1回もない。
 皇族や首相などのVIPフライトで機長を務めたほか、湾岸危機時の90年には、イラクから解放された日本人らを乗せた特別機を計5回、運航した。76年には、レバノン内戦で危険な状態にあったベイルート空港に着陸したこともある。 

<国家戦略室>ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当(毎日新聞)
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定-東京地裁(時事通信)
<千葉大生殺害>学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」(産経新聞)
<素敵カラダプロジェクト>ヘルスケア商品で心も体も健康に レッスン始まる(毎日新聞)
プロフィール

やぎぬままさかつ

Author:やぎぬままさかつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。