スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<慢性肺疾患>「せき・たん」問診に追加も 厚労省検討会(毎日新聞)

 喫煙が主な原因で、肺の生活習慣病とも呼ばれる「慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)」の予防と早期発見の対策を話し合う厚生労働省の有識者検討会の初会合が11日あった。健康診断に、慢性のせきやたんといった症状の有無を確認する問診を追加することなどを検討し、今秋に報告書をまとめる。

 COPDは肺気腫と慢性気管支炎の総称。厚労省によると、全国の年間死者は約1万5000人、患者は約22万人。自覚症状がない人まで含めると患者は500万人以上と推定されている。系統的な施策は現在、ほとんど行われていない。

 患者代表の委員で落語家・桂歌丸さん(73)は、昨年肺気腫と診断され、約50年吸い続けたたばこをやめた。楽屋から高座に上がるだけで息切れし、すぐに声が出なかった体験を披露し、「たばこが毒だと気づくのが遅かった。早期に発見、治療ができる体制を整えてほしい」と訴えた。

【関連ニュース】
顔にやけど男女差認定:厚労省控訴断念 障害等級見直しへ
郵便不正事件:厚労省元係長の初公判は6月9日 大阪地裁
機関紙投函裁判:控訴審も有罪支持 元厚労省職員に対して
厚労省:グループホームの防火設備助成拡大 札幌の火災で
厚労省調査:「女は家庭」派の妻増加 20代中心に変化

<野島埼灯台>水銀漏れでピンチ 夏の観光シーズン目前、一般見学中止(毎日新聞)
<民主党>小沢氏の政倫審出席は応じず 「時間的余裕ない」(毎日新聞)
雑記帳 人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
走行中に全車両の扉28枚開く…JR山陽線兵庫駅(読売新聞)
不正乗車、新たに社員80人=IC券問題、調査で判明―JR東海(時事通信)
スポンサーサイト

<郵便不正事件>厚労省元係長の初公判は6月9日 大阪地裁(毎日新聞)

 郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、大阪地裁(横田信之裁判長)は2日、偽証明書を作成したとして虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われている厚生労働省元係長、上村勉被告(40)の初公判を9日に開くことを決めた。弁護側は、証明書を作成する職務権限は村木厚子被告(54)にあったため、同罪については無罪で、公文書偽造罪に当たると主張する方針。この事件で起訴された4被告は分離裁判で、上村被告のみ公判が始まっていなかった。

 起訴状によると、厚労省元局長、村木被告らと共謀し、実体のない障害者団体「凜(りん)の会」(解散)を障害者団体と認める偽証明書を作成したなどとされる。上村被告は村木被告の公判に証人出廷した際の証言と同様、「村木被告の指示はなく、独断で作成した」と主張する見通し。公判は6月以降集中審理で進められ、11月に結審する予定。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正:弁護側「無罪を実感」 検察側は敗北感にじませ
郵便不正:村木元局長、無罪の公算大 部下の供述不採用
郵便不正:「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁
郵便不正事件:「凜の会」で控訴…大阪地検
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定

辞任、10日前ごろから考慮=鳩山首相(時事通信)
<訃報>本多立太郎さん96歳=戦争体験の語り部(毎日新聞)
生活保護費めぐる闇 横行するネット仲介とは(産経新聞)
<乳児死亡>9カ月男児、暑い車内に7時間放置 長崎・諫早(毎日新聞)
<天皇陛下>発熱など風邪の症状(毎日新聞)
プロフィール

やぎぬままさかつ

Author:やぎぬままさかつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。